ブログ形式のwebサイトの特徴と作り方

ブログ形式のwebサイトのメリットとデメリット

ブログ形式のwebサイトを作る事には、良い面とあまり良くない面の両面があります。その中で、まず良い面(メリット)を挙げると、ツリー型webサイトを作れるCMSとはページ数が増えると操作画面が重くなるものが多いものの、そのような事が起こりません。例えば1万ページ作っても10万ページ作っても特に操作画面が重くなる事がないのは大きなメリットと言えます。また、どんなにページを量産しても管理画面が重くならない事に連動し、半永久的にページを量産し続けられるのも大きな点です。ただし、日記的なデザインであると、運営者がwebサイトだと主要しても周囲からブログとしか扱われない恐れがあるのは大きな弱点(デメリット)として挙げられます。

ブログ形式のwebサイトの作り方

ブログ形式のwebサイトの作り方は大きく分けて2つあり、まずは無料ブログサービスの有料サービスに申し込んで独自ドメインサイトをつくるという方法があります。この方法は途中で難しい作業が要らないためコンピューターやwebは技術に疎いかたにはおすすめです。2つ目の方法としては、レンタルサーバーと契約したのち、サーバー会社が用意している簡単インストール機能を利用してブログ系CMSをインストールという形です。この形ですと、レンタルサーバーの月額費が例えば月額100円で済む際は、別途毎月のCMS利用料金がかかりません。ただし、操作に失敗したりアップデートに失敗すると、技術レベルが低い人には復旧できない恐れもあるため、中級者・上級者向きです。

web制作会社を選ぶときの注意点は「価格だけで選ばない」ということです。特に「初期費用が0円」を謳う会社には注意が必要です。長期の運用契約により、結果的に初期費用以上の費用を支払うことになるからです。